第10回八面神社農村舞台公演

第10回八面神社農村舞台公演



昨日、那賀町、八面神社境内で「第10回八面神社農村舞台公演」が開催された。

連休の2日目、朝から「めざし弁当」を持参して出かけた。

我が家から1時間半ほど、駐車場は旧西納小学校に停め、会場まで徒歩10分ほどですが、今回は送迎のマイクロバスに乗せていただきました。

大勢の人でした。
画像


本殿は階段の上にあります。足に自信がないので夫に詣ってもらい私は階段下から失礼しました。
画像


12時に開場となり、前から3番目に席が確保です。

13時開演ですから、ゆっくりと「めざし弁当」いただきました。

最初はめでたい「恵比寿舞」で福をいただきました。
画像

                                                                    
次は那賀町が誇る2つの人形座が「傾城阿波の鳴門」で上演対決と同じ題目を演じた。

最初は、那賀高校人形浄瑠璃部ゆず座」の公演です。
画像
 
三味線は竹本友和嘉さんですが、語りの大夫は高校生だったのですが、それは上手、感動でした。

次は丹生谷清流座です。
画像

人形の細かい仕草がやっぱり、いいですね。

何度も見る演題ですが、親子の情、いつもほろりとしますね。

2つの上演対決の後、勘緑さんのお話で感動の高校生の大夫は淡路島の人だそうです。高校生活が終わると地元に帰ってしまうとのことです。残念ですね。
今年、那賀高校1年生、新人入部は1名だそうです。部員募集しているそうです。

休憩の後2部が始まります。

一輪車に乗って登場したのは「阿部莉奈」さん
画像


会場の後部より大旗を振りながら登場したのは「麻風」さん
画像


舞台で共演。
画像


次に舞台に登場したのは「おおたか静流」さん。

NHK Eテレ「にほんごであそぼ」で活躍している人だそうですが、知らなかった。
画像

                                                                    

楽器を操る二人、右が「シタール」の奏者「田中峰彦」さん、左が「タブラ」の奏者「田中りこ」さん。
画像
                                                                                                                お二人の演奏に合わせて「おおたか」さんが、素晴らしい歌声聞かせていただきました。
画像

                                           
長崎から始まって、沖縄の「花」、インドネシア、中国の「蘇州夜曲」、インド「ジンジロゲ」、ロシア、トルコ「ウスクダラ」など、透き通るような歌声に、会場のみんなも巻き込んで楽しく遊んでくれました。 

餅投げはなかったのですが、第10回記念とタオルをいただきました。

連休の一日、伝統の人形良瑠璃、楽しい歌謡ショー でとても楽しい一日が過ごせました。

この日は、寒かった。寒くてひざ掛け、冬の上着の 必要でした。

今夜は暖かいうどんが食べたいなと言いながら帰ってきました。




                         

この記事へのコメント

  • フラバーバ 

    良い席を確保するには やっぱり
    早く行かないとダメですね。
    私も 今日 2時からの神社の行事に
    朝9時から並びましたよ。凄いでしょ!
    そのうち UPしますね。
    人形浄瑠璃に 珍しい楽器と歌 
    素晴らしい一日をお過ごしになられて
    良かったですね。
    2019年04月29日 23:21
  • kimie

    フラバーバさん
    こんばんは。
    伝統の人形浄瑠璃にも、珍しい楽器やダイナミックな妙技、素敵な声のお姉さんにもたっぷり楽しませていただきました。
    フラバーバさん、根気があるのですね。
    私ならきっと、もう帰ると言ってますね。根性なしです。
    神社の行事、UP楽しみにしています。
    2019年04月30日 19:22
  • としさん

    人形浄瑠璃に歌謡ショー、寒かったでしょうが、大いに楽しまれたことでしょう。人形浄瑠璃は、3回しか見たことないですが、一人前の芸が出来るのには、相当な年数がかかるらしいですね。
    伝統芸能は、いろんな場でずっと残していって欲しいですね。
    2019年05月02日 12:44
  • kimie

    としさん
    こんばんは。
    コメントありがとうございました。
    あまり関心がなかった人形浄瑠璃ですが、もう10年近く前ブログを書くようになり、興味が沸き、出かける様になりました。
    伝統を守る後継者を育てるのは大変のようです。
    会場の農村舞台も、辺鄙な場所が多く、運転は夫にお願いしていますが、できるだけ参加応援したいと思っています。
    2019年05月02日 19:55
  • ジュン

    お馴染みになりましたね
    伝統の人形浄瑠璃
    それとショー楽しめましたね
    寒かったようですが
    お身体大丈夫ですか
    2019年05月03日 11:00
  • kimie

    ジュンさん
    こんばんは。
    今回は高校生の大夫の語りに感動しました。
    徳島の子だったらいいのにとちょっと悔しい気がしました。
    気温が低かったうえに山の中なので、一応寒さ対策はしていったのですがダウンが欲しいくらいでした。
    でも楽しい時間でした。
    2019年05月03日 19:35
  • 慈園

    ご自宅から1時間半は結構な距離ですね。
    でも八面神社農村舞台公演、必見の出し物でしたね。
    人形浄瑠璃は淡路や徳島の代表的な古典芸能。
    見ごたえあるお芝居だったと思います。
    加えて珍しい楽器の演奏や曲芸、バラエティ―に
    富んだ出し物で楽しめましたね。
    まぁ!歌謡ショーまで?
    四月の終わりは気温が安定しなくて
    体調崩された方が友人にもおりました。
    kimieさん、その後体調は如何ですか?


    2019年05月05日 17:58
  • kimie

    慈園さん
    こんばんは。
    今回は高校生対プロの対決の公演だったのですが、高校生頑張っています。
    いい伝統が引き継がれていかれますように応援したいです。
    「おおたか清流」さん、素敵な声で会場の皆さんを上手に引き込んで、一緒に楽しませていただきました。
    やっぱり膝はちょっと歩くと痛いにですが、これって付き合っていくしか仕方ないのかなとあきらめ気分です。
    2019年05月05日 21:16